いれいざーの放浪オタクログ

アニメや漫画の感想書いたりゲームやカード買ってす。ツイッター https://twitter.com/eraser5017?s=09 ピクシブ pixiv.net/users/14077135 小説家になろう mypage.syosetu.com/1022949/ イラストの依頼も募集してます。詳しくはツイッターまで旧ブログhttp://karentezia.blog.jp/ 公式LINEhttps://lin.ee/BNOi9Vw

仮面ライダー

仮面ライダーセイバー第二十七章感想結末を変えてエレメンタルプリミティブドラゴン登場  

kalentejia.hatenablog.com https://twitter.com/eraserpotal?s=09 エレメンタルプリミティブドラゴン 仮面ライダーセイバー第二十七章感想 飛羽真は前回のことからプリミティブドラゴンの少年に感情があるのではと確信する。さらに彼との対話のためリベラシ…

仮面ライダーセイバー第二十六章感想賢人悪堕ち?破滅の未来を予知していた  

雨に濡れるプリミティブドラゴン。一応屋内 https://twitter.com/eraser5017?s=09 https://youtu.be/4IbVR-T6TN8 音声版 復活した賢人は全ての剣を封印すると言った。 賢人はなぜ復活したのか。飛羽真達が倒れた後一人で世界を救うような描写があった。ユー…

仮面ライダーセイバー第二十五章感想玲花の変身、サーベラ、さらにカリバーは賢人だった

サーベラ 顔アップ https://twitter.com/eraser5017?s=09 プリミティブドラゴンの暴走を止めるべく飛羽真は資料を漁ります。倫太郎は仲間が離反したことで迷いをマスターロゴスに話します。 資料捜索はそらも協力し仲間を失いその仲間を探し続けるドラゴンの…

仮面ライダーセイバー第二十四章感想、復活のカリバー正体はタッセルか  

ライオン戦記のプリミティブドラゴン プリミティブドラゴンの本を大秦寺が解析することになる。尾上は迷いを断ち切るべく飛羽真に挑む。決着の後玲花が二人のワンダーライドブックを盗んでいた。

仮面ライダーセイバー第二十三章はプリミティブドラゴン登場、暴走フォーム!

プリミティブドラゴン 顔アップ 飛羽達がマスターオブロゴスに玲花や裏切り者の情報を伝えるためサウザンベースに侵入、飛羽真がプリミティブドラゴンになる話。

仮面ライダーセイバー第二十二章はバスター対セイバー

セイバー隊バスター 玲花はスラッシュの裏切りに憤るが代わりにバスターが飛羽真から聖剣とワンダーライドブックを回収すると宣言する。 バスターは味方だとパワータイプだが敵にすると防御も硬くやりづらい、必殺技を受けて気を失うくらいだ。包帯ぐるぐる…

仮面ライダーセイバー第二十一章感想は最光エックスソードマン登場

冒頭のタッセルのあらすじ紹介にはユーリが現れ自身が剣士だった頃の本の返却を要求するがはぐらかされてしまう。使わないから管理を任せたものの無くしたのか?と思いきや大事なものなので帽子の中に仕込んでいたらしい。 神話においての剣の扱いも明かされ…

仮面ライダーセイバー第二十章感想  

玲花は今回、蓮を飛羽真にけしかけていた。もっともややこしく荒いやつを外に出してしまった。なぜ大人はちゃんと見張っていなかった。 ユーリはエスカレーターに乗ってはしゃぐという相変わらず時代の変化を楽しんでいた。蓮が暴れているのに芽衣に変身を介…

仮面ライダーセイバー第十九章感想

ライドブックと聖剣全て集まることで完成する黙示録には全知全能の力があるらしい。ユーリはサウザンベースにそれらが集結し黙示録ができやすくなっている危険を話す。やはりサウザンベースの玲花が黙示録を手にしようとしてるのか。 芽衣の上司は自分がメギ…

仮面ライダーセイバー第十八章感想  

ユーリの持っていた剣は光、もう一つの闇と最初に出来た剣であり光の方を悪用されぬよう剣と一体化したらしい。前回から自分を剣といいタピオカを飲まない理由がここまで判明した。ユーリが元人間ということは最光シャドーは本来その時に変身していた姿がベ…

仮面ライダーセイバー第十七章感想

ユーリが飛羽真の本屋に現れる話。 冒頭のユーリが本屋にいるシーンでは泥棒が入ったように散らかしていた。綺麗好きとは程遠い人物らしい。しかも1000年という長命らしい。さらに街での観光をする際は自在に自分の服を変えられるという便利な能力があった。…

仮面ライダーセイバー第十六章感想

最光 飛羽真が組織に疑心暗鬼になる中、サウザンベースの玲花がスカウトに現れる話。さらに玲花は倫太郎達に飛羽真が裏切ると言い飛羽真と戦わせる。そこへキングオブアーサーを与えた、仮面ライダー最光が現れる。 ライダーバトルは昔からあるがそれは誤解…

仮面ライダーセイバー主題歌「ALMIGHTY〜仮面の約束feat.川上洋平」買ってきた

おまけでステッカーがついてる。今回は元々がオーケストラ曲なのでアレンジはない。多分アレンジすると曲調が崩れるのだろうか。今まではアレンジがついてるのが多いが今回は例外だ。テレビ版がついてるのも中々ない。東京スカパラダイスオーケストラ/ALMIG…

仮面ライダーセイバー第十五章感想

飛羽真がカリバー追って異次元に行く話。カリバーは世界が何者かに作られ結末が既に決まっていると言っていた。二人の行った世界は現実世界を作った始まりと叡智の本らしい。どこまでも徹底したファンタジーなんだ。飛羽真はカリバーの攻撃で消滅しかかった…

仮面ライダーセイバー第十四章感想

飛羽真が破壊しようとした儀式とカリバーが復活、飛羽真達は再び阻止しようとする。まさかカリバーが賢人を乗っ取るのではなく普通に復活とは、前回で賢人は乗っ取られたような目になったが違うらしい。 ブレイズ新形態キングライオンはキングオブアーサーと…

仮面ライダーセイバー第十三章感想

賢人はすっかり死んだと思ったがちゃんと冒頭で生きてると名言されて良かった。予告の尾上の石化といいセイバーは紛らわしい。六つの属性の剣を使った儀式、その六っつ目を止めるため飛羽真と倫太郎はカリバーに挑む。尾上は年長者らしく単純な話じゃないと…

仮面ライダーセイバー第十二章感想

冒頭では前回の賢人の無茶を芽衣が怒っていた。普段笑顔ばかりの彼女だが流石の彼女も倫太郎の重症には耐えられないらしい。展開がキャラクターの明るさを破壊してしまう。芽衣は激しく言ったが年長者の尾上が賢人を諭していた。直前まで事態の多さに混乱し…

仮面ライダーセイバー第十一章感想

今回はカリバージャオウドラゴンの出る話。 カリバーの正体が自分の父親でなかったことで賢人は熱くなり倫太郎と対立する話。組織にいる以上私情を挟まず冷静でいるべき、できなければ剣士失格で剣を返すべきと倫太郎は主張するが優等生にしてガッチガチに固…

仮面ライダーセイバー第十章感想

冒頭では賢人にサウザンベースの女性が新たなライドブックを渡していた。倫太郎や飛羽真がワンダーコンボを手にする中彼も新たな力が必要ということか。飛羽真が交流しているのはノーザンベースだがノーザン、北極だけでなく南極、サウザンベースもあるらし…

仮面ライダーセイバー第九章感想  

主人公側が戦術や本三冊使いやキングオブアーサーを得ることに対してカリバーはパワーアップを模索していた。味方だけでなく敵もちゃんとパワーアップするのは面白い。というかカリバーはそんなに強くなかったのか。 パワーアップを画策するカリバーだがそれ…

仮面ライダーセイバー第八章感想

飛羽真がキングオブアーサーのもう一つの本を引き出す話。 今は使えない分厚い本が出たことで飛羽真は珍しく人の話を聞かなくなっていた。 メデュゥーサは前回倒したのも含めて三体、今回カリバーに加えて二体登場したことで飛羽真は苦戦し尾上が身代わりに…

仮面ライダーセイバー第七章感想

倫太郎はズオスに勝つためべルラシオンにて修行、飛羽真が賢人と共にアヴァロンに行く話。 剣士が複数いるのでもしやと思いきやこの作品のアヴァロンはアーサー王物語のアヴァロンで間違いなかった。13の軌跡を剣で作ることで行けるというのも円卓の騎士の数…

仮面ライダーセイバー第六章感想

飛羽真が幹部の一人に変身能力を奪われてしまう話。 冒頭初登場した蓮は下っ端かマジないわーと言っていて軽い性格だった。ワンダーライドブックを賭けて飛羽真と勝負をしそうになっているほど軽い。尾上のような初対面が堅物なのも困るが彼は逆に軽すぎて…

仮面ライダーセイバー第五章感想

倫太郎と尾上はメギドとカリバーを手分けして捜索し賢人と飛羽真がピラニアのメギドを倒す話。 前のエピソードでさらっと出たオレンジの男は哲雄という鍛冶屋らしい。飛羽真が三冊ライドブックを使ったことで聖剣と本を調整していた。鍛冶屋と言えば鉄を打…

仮面ライダーセイバー第四章感想

飛羽真達が倒したはずも生き延びたメギドを探す話。 一度メギドを倒しても世界、そらが戻らないことで尾上は激昂していた。癇癪を起こした父親そのものである。剣士というより父親の面が強い。しかし賢人に飛羽真について言われ彼への態度を軟化させていた。…

仮面ライダーセイバー第三章感想

飛羽真の幼馴染賢人と仮面ライダーバスター、尾上が現れる話。 冒頭で「銀河鉄道の夜」を使って盛り上がるシーンは背景が作品を再現していて没入感がある。彼の言葉だと幼馴染はもう一人いるらしい、飛羽真が気にしてる謎の穴に吸い込まれた少女か? 幼馴染…

仮面ライダーセイバー第二章感想

飛羽真が自宅に現れた倫太郎にワンダーライドブックを要求され異世界にされた現実を修正するため手を組む話。 倫太郎は前回のラストから土足はいけないからと青いライオンで上がるというトンチを利かした登場をしていた。異世界人らしいので世間知らずという…

仮面ライダーセイバー第一話感想

冒頭では語り部が一冊の本から生まれた世界という世界観説明をしていた。その語り部だがポジションと見た目と相まって汚いウォズだった。なにしろ長い緑髪に上に尖ったヒゲといういかにもゲテモノな姿だった。 主人公は神山飛羽真は本屋店長にして作家だっ…

仮面ライダーゼロワン最終話と全体の感想

滅はヒューマギア代表として、或人が意図せず人間代表として戦う。 前回、武器が周囲に出たためそこから武器を取って臨機応変に戦っていた。しかし或人はアークワンを手放すため途中から手加減し滅にベルトを破壊させた。自分ではベルトを破壊できないらしく…

仮面ライダーゼロワン第四十四話感想  

滅によるハッキングを使った宣戦布告が起きヒューマギアのデモが起きる話。 ヒューマギアと人間の争いが始まろうとする中迅を壊したことで止まれなくなった或人を不破は止めようとしていた。不破は亡のプログライズキーで色違いのアサルトバルカンになって…